為楽当及時~再旅人kenのblog~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

めかりPA


九州を出るときはいつもトンネル経由で、
橋経由は初めてです。
スポンサーサイト
バイク・VFR | コメント:0 | トラックバック:0 |

久しぶりの高速走行


ふだんほぼ高速には乗らないので、
安全運転で走行中。

ついていきなり仕事しろという鬼会社なので(^_^;)
(自分がバイクで行きたいといった手前文句は言えない…)
あまりゆっくりもしてられないのですが、
まぁ気をつけて走ります。
バイク・VFR | コメント:0 | トラックバック:0 |

バイクのこといくつか

今日は少し雨だったのですが、
灰が多い昨今の鹿児島、スリップしそうでちょっと怖いです(^_^;)

ちょっと前に、白バイが車をとめてるところを見たのですが、
以前、バイク屋で納車前の白バイを見て疑問に思ったこと、
停車時に赤橙回転させるときに電源どうしてるんだろう?ということ…
エンジンかけっぱなしでドライバーと話をしていました(^_^;)

NC700Xの雑誌記事をいくつか読みましたが、
燃費の実走測定の記事がないですね…
普通に走行した後の記事は出ているので測定できない訳もなし、
ホンダから書くなって言われているのでしょうか…(^_^;)

最も、UKホンダのサイトには、

17.2m/l (78.2mpg) 35kW / DCT = 17.3 m/l (78.8mpg) 38.1kW



という表記があって、17.2マイル?
1マイルがおよそ1.6キロぐらいなので、28に行かないくらい…
ヨーロッパの測定モードはかなり実走値に近いという話もあったし、
それくらいかな?と思います…十分すごいですけど、
やっぱり三分の二となると、疑問を抱かざるを得ないですね(^_^;)
バイク・VFR | コメント:2 | トラックバック:0 |

面白いものを発見(笑)

いろいろバイク関係のサイトを見ていたら、
面白いものを発見しました(笑)
まぁ、とりあえず見てください。

画像

カタログ(一番下)

足跡マークがポイントだな、と思いつつ…
車載カメラを2個積んで、
一つは風景、一つはライダー向けで撮ってたらさらに面白そうです(笑)

バグスターというのは、タンクカバーのメーカー。

023
023 posted by (C)ken

こういう感じのモノで、「タンク、皮製なの?」とかよく聞かれたものですが(笑)
写真は2005年の物なので、今はすっかりぼろぼろで、
縫製もすっかり破けてしまっている…

しかし、理想はこれにマップルが収納できるバッグ装着することなので、
サイトを見ていたのですが、無料で補修をしてくれると書いてある…
そういうレベルの状態ではないのですが(^_^;)
無料というからには、ちょっと問い合わせてみたいものだと思います。
バイク・VFR | コメント:2 | トラックバック:0 |

NC700Xに試乗しました




ホンダから最近発売になったNC700X、
VFRのヘッドライトバルブ交換とタイヤのくぎ刺さり対応のためドリーム店に行くと、
一番目立つところに展示されていました。
見た目、思ったよりかっこいいな、と…
VFR1200Fもそうですが、サイトの写真よりはるかにマシに見えます。
理由は分かりませんが…私のこの写真も、携帯での撮影とはいえ、
あまりよく写っていないのでそういうものなのかもしれません(^_^;)

詳しいことはメーカーのサイトへ。

一番あやしいのは、リッター41km走るということでしょう…
もちろん、測定方法が特殊なので話半分なのは当たり前として、
三分の二だとしても、リッター30km程度。
タンクの容量が14と少ないのですが、
リッター30走るとすれば三分の二消費で300km走れることになり、
航続距離としては十分かな?という感じもします。
ホントにそんなに走るのか?雑誌のインプレッションを読んでみたいと思います。

またがった感覚としては、結構軽い。
VFRとさほど変わらない重量のはずですが、
重心の位置が違うためか(エンジンの位置が低く、タンクもシート下)、
かなり軽く感じました。
ハンドルも高くて幅が広いので取り回しもやりやすかったです。

シートの高さは830と高めなので、
VFRなら両足べったりの私も、両足着けようとしたら、
足底の半分程度しかつきませんでした。

あと気になったのはスイッチの位置で、
左手の親指で操作するスイッチが、
ホーンがメインになっていて、その下にウィンカー。
理由は分かりませんが…私のVFRや、
横に展示してあったCB1100Fもウィンカーの下にホーンだったので、
何か理由はあるのかもしれませんが、ちょっと戸惑いが。
発進の時にウィンカー着けようとしてホーン鳴らしてしまったし(^_^;)

実際走り出してみると、アップライトなポジションで、
視線が高くて新鮮な感覚がしましたが、
さすがにVFRに比べるとパワーが半分以下の50馬力、
フロントブレーキもシングルディスクということで、
パワーがないし、ブレーキも効かない(^_^;)

ただ、加速が鋭くないだけで、
普通に走る分には十分なパワーなのかな?と思います。
250のスクーターなんかも、これ以下のパワーしかないと思いますが、
代車でフォルツァ借りたとき、思ったより速くてびっくりしましたしね(^_^;)
今回は試乗車ということで、あんまり回していないし、
距離も短いのでそこまでスピード出してません。

メーター類はタコメーターがバーで表示されるので、
慣れの問題かもしれませんが、
個人的には分かりづらかったです。
燃料計も目盛が5、6個くらいしかないように見えたので、
VFRに比べると少なく、分かりづらいかもしれません。

乗った感覚としてはそれくらいでしょうか。




さて、このバイクの特徴として、
通常のタンク位置にメットインスペースがある、ということがあります。
サイトなどでも、SHOEIの今はマルチテックというのかな?
チンガードがあげられるタイプのメットが入る様子が載っていますが、
その先代にあたる私のシンクロテックでも、
XLにも関わらずしっかり収納できて鍵も掛かったので、
大抵の大きさのメットなら収納できるのではないかと思います。

展示車を見てみると、そのスペースの奥にバッテリー搭載。
(試乗車ではカバーが装着されていたので通常は見えない)
旅バイクとしての性能を考えると、
この位置にバッテリーがあることは、
インバータの搭載がしやすくていいのではないかと思います。

というかむしろ、シガーソケット着けるべきなのでは?と思ったり、
オプションでインバータを装着できれば最高なのに、と思ったり。
(VFR1200Fのオプション見たらありましたがちょっと高い…)
モバイル機器もこれだけあふれている昨今ですし…
BMWだったらそういう風に作るのではないかと…

タンクがシート下にあることは先ほど書きましたが、
給油は?というと、リアシートの下に給油口がありました。
これってちょっと微妙…

タンデムをしていたら、給油の際に必ずパッセンジャーが
降りなければいけない、ということになります。
私みたいにリアシートにも荷物乗っけて旅するような人間にとっても微妙ですが、
見た目、工具があればリアシートは簡単に取り外せるようでしたし、
リアシート下でもかなり前のほうに給油口は有ったので、
荷物の積み方や工夫、加工によっては、
シートを取り外して荷物を積み、
積んだまま給油をすることは不可能ではないと思えました。
そもそも、メットインスペースに荷物を載せることで、
積載量は増えているわけで、リアシートに乗せる荷物も減るはずで。

あとはフェンダー類が短めなので…
オフロード走行はしないにしても、
雨の日なんか、バイクが汚れやすそうだな…と感じました。

いろいろ書きましたが、このバイクの最大の特徴は安い、ということです(笑)
ABSつきで約70万、なしだと約65万。
DCT仕様はまだ発表になっていませんが、
VFR1200Fで10万円アップ、
このバイクも戦略的な価格からして、
DCT仕様でもABSつきで80万以下になるのではないかと思います。
ケース類のオプションを付けたとして、
(サイトにはまだ載ってない)
100万以下に抑えられるでしょう。
さすがにナビを着けたら無理っぽいですが、
ちょっと、心惹かれる価格ではあります(笑)

調べたらオプション類の予価が書いたところがありました。
パッセージのサイト

逆車の店なので、ちょっと違うかもしれませんが…
ケース類は全部で約20万。
ですが、ナローパニアケースなので、
容量が小さく、私はいらないですね(^_^;)




おまけ…走っていたら、白バイが4台編隊走行してました。
信号待ちが長くて…
グローブはずす→撮影→グローブ装着が無事できました(笑)

バイク・VFR | コメント:0 | トラックバック:0 |

VFRのトラブル

これも数日前の話ですが、
またヘッドライトのバルブが切れていることに気づきました。
大抵、右が切れることが多いのですが今回は左。
これだけの頻度で切れると、何らかの異常だと思うので…
相談してみたいと思います。

で、今日…VFRをいじっていたら、
タイヤにくぎが刺さっていました(-_-;)
タイヤは今のところ以上なさそうですが、
早めに対応したいともいます。
バイク・VFR | コメント:0 | トラックバック:0 |

本屋にて(2)

CBR1000RRを現行型と先代で比較していた雑誌がありましたが、
やっぱりどう見ても先代のほうが格好いい…(^_^;)

お金出して普通に買えるバイクとしては、
今、一番乗りたいバイクかもしれないです。
そのうち、在庫もなくなっていくでしょうから、
買うんだったら今のうち、でしょうか…

普通に買えないバイクとしては、
GL1000が気になる今日この頃。

そもそもその存在を認識したのが、
「マニアックバイクコレクション」という本からで、
どんな内容だったかな?と読み返してみると、
「今、新車で買えるのならちょっと『ほしいかも』と
 思ってしまいそうなバイクカタログ」にラインナップされてました(笑)
そこに載ってる写真は前斜めから撮影したもので、
かなり格好いいのですが、ほかの角度から見ると、
ハンドルが幅広すぎ、高すぎにも見えるので、
カフェレーサーっぽくしたらいいかもしれない、と思ったら、
似たようなことを考える人がいたようです(笑)



英語なので、何言ってるかわかりませんが、
タンクがそのままというのがポイントが高い。
ライディングポジションがどうなるのかわかりませんが、
これ見たら、ますますほしくなりました(笑)
あまり人気車種ではないようで、
ヤフオクでも50万前後で出ているんですが、
旧車はな…というのもあり(^_^;)
ガレージがあったらなぁ…と切に思います。
バイク・VFR | コメント:0 | トラックバック:0 |

来年発売予定!絶対倒れないバイク




来年発売予定! 車とバイクを良いとこ取りした近未来型電動バイク

ヤフーで紹介されていた映像ですが、絶対倒れないバイクが発売されるとのこと。
電子制御ジャイロ安定化システムを搭載していて、
事故っても転倒しないそうです。

バイク好きが挙げる、車にはないバイクの良いところ。それは、低燃費で加速力抜群、さらには機動性が高いことなどが挙げられますが、何につけても良いところがあれば必ず悪いところもあるもの。悪いところで思い浮かぶ代表的な例といえば、雨風をしのげない、転倒しやすい、そして体が外にむき出しのため事故の時極めて危険性が高いこと、ですよね。



リンク先の記事では冒頭にこのようなことが書いてありましたが、
99%の確率で、バイクに乗ったことない人が書いてるでしょう(笑)
通勤で乗ってる人とかならまだしも、
燃費がいいからってバイクに乗ってる人はいないし、
そもそも大型くらいになればそこまで燃費も良くないわけで…

私は、バイクは馬、車は馬車だと考えることが多い。
「おお400、お前は風だ」という有名なコピーもありますが、
体で風を感じられないこの乗り物はバイクなのか?と思いつつ…

すごく面白そうで、ほしいですね(笑)

想像していたよりもずっと未来は現実的だね
車もしばらく空を走る予定もなさそうさ



という歌もありましたが、まさしく未来の乗り物でしょう。
ハブステアのようにも見えるし、「金田のバイク」に一番近い。
これで実際に金田のバイクのように、
カプセル状ではなく、コックピットがよりバイクに近いものだったら、
購入も考えたくなるくらい。
(自動開閉式とかだったらもっといいかもしれない)

1回の充電で241~354kmの走行が可能で、
最高時速は193km/hということですが、
ホントに?というくらい高性能ですね…
どうやって曲がるのか?停車中どうやって安定させるのか?
積載性が低すぎるのでは?とかいろいろありますが、
無事発売されて、二輪市場が活性化することを期待します。

見た目、免許は普通免許になりそうだし…
車とかバイクとかいう既存の視点から考える乗り物ではないのかもしれませんけど(^_^;)
バイク・VFR | コメント:0 | トラックバック:0 |

縦断分のルートをアップ完了!



とりあえず、縦断分(昨年7/8~10/20)のルートをアップ完了しました。
月が替わってフォト蔵も再びアップできるようになったので、
旅日記も書いていきたいと思います。

ちなみにマイページが「/route/my」ってアドレスなので、
人に自分の一覧を見せることができない仕様?と思うのですが、
これはそのうち、自分のサイトにそういうページを作りたいと…
読み込みに時間がかかりそうですけど(^_^;)

上に貼っているのは事故った日のルートですが…
15.2kmのなかで、8,9回信号で止まってるし、
何で事故ったところだけ、信号見落としたかな…と。
もちろん、今さらなことなんですけど。
(貼ってるのは簡易版で均一のスピードでルートをなぞるだけですが、
 本来のページでは、スピードが上がったり下がったりの様子も見られます)

その前日になか卯でご飯を食べてまして、
いつもは朝ごはんすき家なのに、
なか卯の場所がわかってるから行くか、と、
すき家をスルーしてるし、朝のコーヒーももったいないからと飲んでないし…
ホントに今さらなことなんですけど(^_^;)
教訓とするしかないです…

ちなみに、アップロードしようとすると、
なぜだかわかりませんが鹿児島市南部の地図がデフォルトで表示されます。
以前の住家、仕事場が近いので見てみようかと探すと、
空撮写真では見つからない…
地図と照らし合わせると、写真では工事中になってるようでした。
(仕事場は)そんな最近出来たわけでもないはずだが、と思いつつ…
逆に言うと、かなり昔の地図を使っているということなんでしょう。

東北あたりをアップロードしているときは、
なんだか赤い線が見えましたが、現在の仮設道路ということかな?
詳しく見てませんけど…空撮はちょっと、自分的に見られないですね…
バイク・VFR | コメント:0 | トラックバック:0 |

あれは和琴と指差す人の



今日は一日ルートラボで遊んでいました。
特に北海道を走っているところ…
地図じゃなくて空撮写真上を走っているようにしたらすごく面白い。
(ブログ貼り付け用は機能が制限されているようなので、
 興味があれば、貼り付けているもののタイトルから飛んでもらった方がいいです)

上に貼ったのは去年の8/1のルートですが、
根室半島から開陽台、摩周湖、屈斜路湖、美幌峠と…
写真だと全部周りが大きな畑か牧場のようで、
きれいに区画整理されている…

高度もデータとして持っているので、
美幌峠より摩周湖の駐車場のほうが標高高かったのか…とか。
地図が平面ではなく3Dだったらもっと面白い気もしますが、
それはカシミールでできるんだったかな…

ま、今月中はこれをアップロードして…って、
以前、ほぼ丸1年走っていたことを考えたら、
400近いファイルを一つ一つアップということになりますが…(^_^;)
2月になったらフォト蔵がまたアップできるようになるし、
両方使って旅日記書くか…就職活動の合間に(^_^;)

明日は晴れで暖かいみたいだし走りに行こうかな…
バイク・VFR | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。