FC2ブログ

為楽当及時~再旅人kenのblog~

本屋

用事ついでにちらっと本屋を散策。

文房具のコーナーで、
天声人語を書写するノート、というのを発見。
一ヶ月も続ければ文章力が上がるとかなんとか…
最近、自分の文章の拙さを良く思うので、
興味惹かれたことは惹かれたのですが、
天声人語は書写したくない(笑)

組紐とボン字の本も探してみて…
ボン字の本は一冊だけあり、
薄い本でしたが1800円。
そのうち余裕が出来たら買おうかな?と思います。

組紐は和装とか編物とかのコーナーかな?と、
明らかに女性向けのそのコーナーを探したのですが見当たらず、
端末で検索すると、それらしき本は品切れらしい。
まぁ、あっても買うわけではないのですが…(^_^;)
端末に一番最後に表示されたのは、
「正倉院の組紐」とか、3万円の本でした…
スポンサーサイト
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

VFRの今後…

最近、言わずもがなの理由で履歴書を書いてるわけですが、
今年は私がバイクの免許を取って12年になるらしい。
(小さなころからバイクに興味があったわけではなく、
 免許を取ったのも病気をして帰郷してからで二十歳越えてます)
まぁ、VFRに乗って(=大型免許取って)10年なので、
考えてみたら当たり前なのですが、
なんとなく感慨がありました。

それとともに、VFRを今後どうするか考えないとな、と…
手放すつもりはないので、
オブジェにするか→他に何かバイクを購入
ロングツーリング用にするか→他の大型バイクを購入
ショートロング兼用ツーリング用にするか→小型のバイクを購入
他にバイクは買わない→修理期間が長くなりそうなので他に足は必要
こんなところでしょうかね…

乗らなくなるとダメになるのは分かってるので、
オブジェはまぁありえない(広いガレージでもあれば別ですが)

小さなバイクで惹かれるのは、
CRM80→これは前にも書きましたが一番いい
     2ストオフと乗ったことないバイクだし。
PCX→125の癖に30万もする…お金があったら考えるレベル(^_^;)
モンキーやエイプなんかは…多分いじらないから意味がない。
ということで、CRM80なのですが…タマがあるかどうかでしょう。

大型で候補を大雑把にあげると…
VFR1200F→
マイVFRの後継機ですが、まずないでしょう…
排気量が1.5倍の癖に、タンク容量は4Lくらい減、
純正ケースも小さく、目新しいのはDCTくらい。
デザインも見ようによっては見られる、という程度(^_^;)
タンク容量が小さいのはホントに意味が分からないですね。
手元のカタログではCBR600と同容量。
使用用途は全然違うのに、です。
コピーが「300km先の高原ホテルでランチを」だったか、
その前に300km走れるかどうか、心配しないといけないでしょう(笑)

BMW、まぁこれもないんですけど…今後のお楽しみ、という話。
GSアドベンチャー…憧憬の一台(笑)重量的に無理。
K1300S→
これも憧れますが…ケースの設定がなかったかな?と。
BMWだから、どうにでもなりそうですが…

ドゥカティ、ムルティストラーダ→
これをホンダが作ってたら筆頭候補でしょう(笑)
ボタン一つでバイクの性格を4種類に切り替えられるとか。
(もちろん、どこまで変わるのか不明)
ホンダが「クロスオーバーコンセプト」と言ってますが、
そんな能書きを垂れる前に、その上を行ってる。
デザインが…ちょっと先鋭的すぎるかな?と。
しかし、書いてたらホンダじゃなくても筆頭候補のような(笑)
ついでに、これならロッシのジャケットを着ていても問題なし。
そういう問題か?という話もありますが(^_^;)

ホンダ、に限らず国内4大メーカーは、
あまりピンとくるバイクがない…
あるとしたら、CBR1000RR(ただし-2011型)でしょう。
不評みたいですが、個人的にはデザインがいい。
柔らかい中に鋭さがある、
最近のバイクでは一番いいデザインだと思うのですが、
繰り返すように、一般的には不評らしい(^_^;)
まぁ、VFRとCBRを二台所有なんて無理ですけどね…

VFRをきちんとして乗り続けられれば、
それで問題ないような気もしますが、
現在エンジンに異音があり…修理に最低でも20万はかかるとか?
オーリンズのリアサスも交換してから10万km走っている…
もうとっくに寿命でしょう…(^_^;)
ぶっちゃけ、サスでの乗り心地の変化など分からないんですけどね(^_^;)
そのほか、ベアリングの交換も必要になってくるし、
いろいろ考えると、すごい金額がかかりそう(-_-;)

部品取を買って…という提案も雑談の中でされましたが、
なんでそんなニコイチみたいなことを、と思いつつも…
おそらく、VFRの中古車が5,60万程度であるだろうと思われるので、
修理金額もそれに近いレベルで必要になりそうな状況下、
はっきり言って、今のVFRに乗り続ける理由というのは、
思い入れしかない…しかしそれが一番大事という話も(^_^;)

バイクマンガの「ジャジャ」で主人公のZZR1100が事故で廃車同然になり、
ヒロインのバイク店店主が、「絶対直す」と意気込む中、
主人公が選択したのは乗り換え、
キーホルダーだけ取って置く、というエピソードがありましたが、
実際、どこまでが思い入れの範囲なのか。
エンジン丸ごと換装してもメーターが変わらなければ、
同じバイクと言えるのか…

考えても答えの出る問題ではないんですけど(^_^;)
悩む問題ではあります…
とりあえずは、その費用の捻出方法を考えるのが先ですけどね(-_-;)(笑)
バイク・VFR | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |