為楽当及時~再旅人kenのblog~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

NC700Xに試乗しました




ホンダから最近発売になったNC700X、
VFRのヘッドライトバルブ交換とタイヤのくぎ刺さり対応のためドリーム店に行くと、
一番目立つところに展示されていました。
見た目、思ったよりかっこいいな、と…
VFR1200Fもそうですが、サイトの写真よりはるかにマシに見えます。
理由は分かりませんが…私のこの写真も、携帯での撮影とはいえ、
あまりよく写っていないのでそういうものなのかもしれません(^_^;)

詳しいことはメーカーのサイトへ。

一番あやしいのは、リッター41km走るということでしょう…
もちろん、測定方法が特殊なので話半分なのは当たり前として、
三分の二だとしても、リッター30km程度。
タンクの容量が14と少ないのですが、
リッター30走るとすれば三分の二消費で300km走れることになり、
航続距離としては十分かな?という感じもします。
ホントにそんなに走るのか?雑誌のインプレッションを読んでみたいと思います。

またがった感覚としては、結構軽い。
VFRとさほど変わらない重量のはずですが、
重心の位置が違うためか(エンジンの位置が低く、タンクもシート下)、
かなり軽く感じました。
ハンドルも高くて幅が広いので取り回しもやりやすかったです。

シートの高さは830と高めなので、
VFRなら両足べったりの私も、両足着けようとしたら、
足底の半分程度しかつきませんでした。

あと気になったのはスイッチの位置で、
左手の親指で操作するスイッチが、
ホーンがメインになっていて、その下にウィンカー。
理由は分かりませんが…私のVFRや、
横に展示してあったCB1100Fもウィンカーの下にホーンだったので、
何か理由はあるのかもしれませんが、ちょっと戸惑いが。
発進の時にウィンカー着けようとしてホーン鳴らしてしまったし(^_^;)

実際走り出してみると、アップライトなポジションで、
視線が高くて新鮮な感覚がしましたが、
さすがにVFRに比べるとパワーが半分以下の50馬力、
フロントブレーキもシングルディスクということで、
パワーがないし、ブレーキも効かない(^_^;)

ただ、加速が鋭くないだけで、
普通に走る分には十分なパワーなのかな?と思います。
250のスクーターなんかも、これ以下のパワーしかないと思いますが、
代車でフォルツァ借りたとき、思ったより速くてびっくりしましたしね(^_^;)
今回は試乗車ということで、あんまり回していないし、
距離も短いのでそこまでスピード出してません。

メーター類はタコメーターがバーで表示されるので、
慣れの問題かもしれませんが、
個人的には分かりづらかったです。
燃料計も目盛が5、6個くらいしかないように見えたので、
VFRに比べると少なく、分かりづらいかもしれません。

乗った感覚としてはそれくらいでしょうか。




さて、このバイクの特徴として、
通常のタンク位置にメットインスペースがある、ということがあります。
サイトなどでも、SHOEIの今はマルチテックというのかな?
チンガードがあげられるタイプのメットが入る様子が載っていますが、
その先代にあたる私のシンクロテックでも、
XLにも関わらずしっかり収納できて鍵も掛かったので、
大抵の大きさのメットなら収納できるのではないかと思います。

展示車を見てみると、そのスペースの奥にバッテリー搭載。
(試乗車ではカバーが装着されていたので通常は見えない)
旅バイクとしての性能を考えると、
この位置にバッテリーがあることは、
インバータの搭載がしやすくていいのではないかと思います。

というかむしろ、シガーソケット着けるべきなのでは?と思ったり、
オプションでインバータを装着できれば最高なのに、と思ったり。
(VFR1200Fのオプション見たらありましたがちょっと高い…)
モバイル機器もこれだけあふれている昨今ですし…
BMWだったらそういう風に作るのではないかと…

タンクがシート下にあることは先ほど書きましたが、
給油は?というと、リアシートの下に給油口がありました。
これってちょっと微妙…

タンデムをしていたら、給油の際に必ずパッセンジャーが
降りなければいけない、ということになります。
私みたいにリアシートにも荷物乗っけて旅するような人間にとっても微妙ですが、
見た目、工具があればリアシートは簡単に取り外せるようでしたし、
リアシート下でもかなり前のほうに給油口は有ったので、
荷物の積み方や工夫、加工によっては、
シートを取り外して荷物を積み、
積んだまま給油をすることは不可能ではないと思えました。
そもそも、メットインスペースに荷物を載せることで、
積載量は増えているわけで、リアシートに乗せる荷物も減るはずで。

あとはフェンダー類が短めなので…
オフロード走行はしないにしても、
雨の日なんか、バイクが汚れやすそうだな…と感じました。

いろいろ書きましたが、このバイクの最大の特徴は安い、ということです(笑)
ABSつきで約70万、なしだと約65万。
DCT仕様はまだ発表になっていませんが、
VFR1200Fで10万円アップ、
このバイクも戦略的な価格からして、
DCT仕様でもABSつきで80万以下になるのではないかと思います。
ケース類のオプションを付けたとして、
(サイトにはまだ載ってない)
100万以下に抑えられるでしょう。
さすがにナビを着けたら無理っぽいですが、
ちょっと、心惹かれる価格ではあります(笑)

調べたらオプション類の予価が書いたところがありました。
パッセージのサイト

逆車の店なので、ちょっと違うかもしれませんが…
ケース類は全部で約20万。
ですが、ナローパニアケースなので、
容量が小さく、私はいらないですね(^_^;)




おまけ…走っていたら、白バイが4台編隊走行してました。
信号待ちが長くて…
グローブはずす→撮影→グローブ装着が無事できました(笑)

スポンサーサイト
バイク・VFR | コメント:0 | トラックバック:0 |

鬼子母神社

自宅からさほど遠くないところに、
何かお祭りをやるような看板が出ていたので、
用事を済ませた帰りに寄ってみました。
「吉水の棒踊り」だったか、3/4にやるようで、
覚えていたら行ってみようかな?と思います。

ちなみにググってみると、

英語のページの検索結果を日本語に翻訳して見る:
棒踊り (Pole dancing)



と出てきましたが、全然違う検索になる気がします(^_^;)
普段は頭いいのにね…<グーグル

その棒踊りは「鬼子母神社」という神社の境内でやるようで、
神社もついでに参拝しておきました。
小さなところで、特に何もないのですが、
祠のような本殿に、屋根だけの拝殿が付属してるような感じ。
拝殿と言っても下は土(砂)でしたが、
蛍光灯もあってちゃんと点灯したし、
コンセントの差込口も完備。

テント張るのに最適じゃないかと…(笑)
その勇気があればですけどね(^_^;)

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

VFRのトラブル

これも数日前の話ですが、
またヘッドライトのバルブが切れていることに気づきました。
大抵、右が切れることが多いのですが今回は左。
これだけの頻度で切れると、何らかの異常だと思うので…
相談してみたいと思います。

で、今日…VFRをいじっていたら、
タイヤにくぎが刺さっていました(-_-;)
タイヤは今のところ以上なさそうですが、
早めに対応したいともいます。
バイク・VFR | コメント:0 | トラックバック:0 |

ハマチをさばいてみました

DSC03466t
DSC03466t posted by (C)ken

少し前の話ですが、部屋の整理をしていると、
以前に会社の忘年会のビンゴで当たった商品券が出てきたので、
たまには何か違うものでも食べるか…と商品券を使えるスーパーへ。
ハマチが398円とあったので、さばいてみることにしました。

ちなみに鳥取産(島根だったかも?)とだけあったのですが…
手元の本では、ブリの30~40cmの物を「ハマチ(ヤズ)」と呼ぶとあるので、
天然なんでしょうかね…?
養殖の物を「ハマチ」という話もありましたが…結局わかりません(^_^;)

ちなみに商品券は2万くらいあったのかな…?
私は業績が良くて給料を大目にもらっていたので非難轟々でしたが(^_^;)
ほとんど、パートアルバイトの人にお年玉としてあげたので、
2千円分しか残ってなかったし…つくづくお大尽なことをしてたなと思います(^_^;)
続きを読む
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ネットカフェにて就寝

自宅は田舎で帰りのバスがないので(^-^;)
(調べたら21時前後が最終便)
元からそのつもりでバイクで街まで来ていて、
飲みの後はネットカフェで寝ました。

9時間パックと12時間パックが200円しか違わなかったし、
一応、飲んだ後だから寝過ごすかも?と思って12時間にしましたが、
さっさと目が覚めてしまいました。

ここのネットカフェ、マット席なのにテレビもないし、
(フォーゼ見ないといけないのに…w)
ドリンクの種類も少ない…
まぁお金は払うんだから、漫画でも読んで帰ろうと思います。

ちなみに寝る前は「ベルセルク」を読んでいました。
昔は単行本買っていたのが、最近買っていなかったので…
読んでも、やっぱり買う価値はないかな?と思います。

単行本が3,4巻あたりから買っていましたが、
そのころの、安易なゲーム的ファンタジーじゃない世界が、
だんだんゲーム的ファンタジーの世界になってきてる。

映画化もされましたが、どうなんでしょうかね。
映画はそもそも見ないので、見に行く気もありませんが、
映画化されたあたりの黄金時代篇は確かに面白かったし、
ウィキペディアによれば、

作者も「死ぬまでに頭の中を全て出せるのか」など、完結に対する危惧を自ら述べている。



ということですが、
特に「ベルセルク」という枠の中で全て出す必要はないでしょ、と思いますね。
個人的には迷走しているようにしか思えません。

あと、「グラゼニ」がよくプッシュされてますが、
確かに今までにない野球漫画ですが、
逆に言うと王道ではない野球漫画で、
そんなプッシュをするような題材ではないと思います。
個人的には買ってますけどね…(^-^;)

原作者の漫画は巻が進むにしたがってパワーダウンすることも多いので、
(すでにネタが尽きかけているように見える)
10巻あたりまで続いてから評価するべきなんじゃないかと…

時間があとかなりあるので…何か面白い漫画を探さないと(^-^;)
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今日は飲み


外で飲むって久しぶりの気がします(笑)
遠野の送別会以来かも?

写真はモンベルが入るはずのビル。
メインは映画館のようです。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

アイスランド

今日の日本サッカー代表の対戦相手。

ヴァイキングを題材にした漫画「ヴィンランド・サガ」、
アイスランドも舞台の一部で、
最近11巻も発売されましたが、
買ってるマンガの中でも一番おもしろいと感じる。

学生時代は北欧神話やエッダなんかも読んだような?
そういう意味では嗜好に合うということでしょうが…

アイスランド代表の面々を見ながら、
この中に、トルフィン・カルルセヴニや、赤毛のエイリーク、
幸運なレイフの血が流れている人もいるのかな?と…(笑)

ウィキペディアで国の概要も斜め読みしましたが、
なかなか先進的な国なようで、行ってみたくなりました。
「地球を愛せ」というBMWのバイクの広告で、
ヨーロッパ上にルートを描いたものがありましたが、
それにアイスランドが含まれていたかな?と考えてたり…
ああいう旅をしてみたいとホントに思います。

しかし、やっぱりフル代表はU23とは違うなと…
特にトラップの精度が違うように見えます。

日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

鹿児島にモンベルショップオープン!

求人誌を見ていたら、
モンベルショップのアルバイト募集と載っていました!
モンベルというのは日本の大手のアウトドアブランドで、
私のテント、マット、シュラフはここのモノ。
今年の春にオープン予定で、
場所は私がよく利用する駐輪場の近く。

鹿児島には屋久島があるのに、
なぜないのかな?と常々思っていました。
屋久島渡航者向けに、海近くの立地ではないのは意外ですが、
オープンしたら覗きに行ってみたいと思います。
いまさら買うものもさほどないのですが…(^_^;)

それはそうと、派遣会社からよくTELが来ます。
いろいろ条件が合わなくて断ってばかりですが、
以前はそこまで電話来なかったような…
非正規雇用が増加しているとニュースもあったし、
派遣会社も忙しくなっているってことなんでしょうかね。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

気温23度


冬用装備でバイク乗ったら暑いくらい(^_^;)

まぁこれから三寒四温だろうから、
油断するとやばいんですけどね。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ひどすぎる記事…

ヤフーのニュースに、「河内貴哉 1軍復帰へ不屈の心」という記事が。
リンク先は、マウンドに帰ることを夢見る男でしたが、
記事がひどい…内容というより、誤字脱字関連が(-_-;)
取り合えず、全文引用。

プロ野球のキャンプも佳境に入ってきた。選手個々がステップアップを目指し、チームとして仕上げていく時期を迎えている。そんな中、一軍のマウンドに帰ることを夢見て必死に野球と向き合う男と再会した。

1999年11月19日ドラフト会議で第1回選択希望選手として、広島、近鉄、中日の3球団から指名を受けた河内貴哉投手。抽選の結果、広島の達川晃豊(現在は光男)監督が交渉権を獲得した。期待の左腕はかつて大野豊投手(現広島コーチ)が背負っていた24番の背番号を与えられ、プロの舞台に足を踏み入れた。

2000年5月3日広島市民球場でのヤクルト戦で初登板初先発。ゴールデンウィークの地元開催試合での初登板初先発という舞台が用意されたことからも球団の期待の大きさが分かる。それから27日後の5月30日巨人戦で初勝利。高卒ルーキーの初登板が巨人戦というのは史上4人目の快挙。フレッシュオールスターではMVPも受賞し、順風満帆ともいえるスタートを切った。

2004年にはオールスターゲームにも出場、自己最多の23試合に先発し、初完投は4月18日の巨人戦で記録した。ちなみに初ホールドは2006年9月18日の巨人戦と何かと巨人戦で初ものを記録する「何かを持っている」投手だった。

しかし、入団当初から指摘されていたクロスステップの投球フォームを毎年のように修正しようとして、その形を崩していった。かつては150キロを超えることもあったストレートが走らなくなり、思い通りのボールにならない中、フォームをサイドに変えたり、また戻したりと、必死に野球にしがみついていく日々を送るようになった。

もがき、苦しむ中で彼の左肩が悲鳴を挙げた。2008年に左肩を手術、翌2009年もファームですら登板することなく、戦力外通告、育成選手として再契約となった。その育成選手としても3年目。プロの世界に入って12年目。年齢は30歳になる。

昨年5月27日1358日ぶりにウエスタンリーグのホークス戦で公式戦マウンドに立った時「また一軍で投げてみたい気持ちがこれでさらに強くなりました」と語った彼と日南で再開した。左肩の状態はかなり良くなっているようで、体は投手らしいシュッとした体形を維持していた。

「辞める時には、悔いは残るだろうけど、よくここまで辛抱して、大好きな野球に身を置き続けたね。その気持ちを尊敬するよ」と話す私に「もし次に投げて左肩が飛んでも、後悔はないです」と、間髪を入れずに答えた彼。そうはいっても、引退のときには、「あの時ああしていれば、こうしていれば」と振り返ったときには後悔に似た念に駆られるだろう。それでも、彼は強い目で、言葉で先ほどの言葉を私に返した。

もう一度一軍のマウンドを夢に見ながら、その夢を時いつ減させる強い意志を持ちつでけるならば、野球の神様は河内貴哉という投手にもう一度チャンスをくれると信じたい。



太字に斜体がおかしなところ。

高卒ルーキーの初登板が…
→初勝利が、の間違いでしょう。その前で初登板のこと書いてるのに。

再開→再会

時いつ減させる→じいつげんさせる→実現させる?

持ちつでけるならば→持ち続けるならば?

自分のブログでも読み返していて誤字がないわけではないので、
多少のことなら気にしませんが、ちょっとひどすぎるような…
こんな内容でお金もらってるのか?と思うと羨ましいです(笑)

ちなみに、河内投手よりも同期の苫米地投手のほうが印象に残ってますね。
引退も早くてびっくりした覚えがあります。

野球、スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ワタミの社員の自殺が労災認定

ワタミの社員の自殺が労災認定されたというニュースがありました。

以前に「青年社長」という同社創業者を描いたノンフィクションを読んだことがあり、
その関係で同社の求人要項も見たことがありますが、
休日出勤を強制するような内容でした(^_^;)
再度見たら、まだありました。

FAQ、休日はどれくらいありますか?

ただ、休みがあっても、自分の意志で出勤する社員もいます。
例えば「経営者として、お店を、責任を持って守りたい。
だから、自分がいなくても、お店が守れるという確信があるときに休みをとりたい」
と思う店長も多くいます。



こんなのを堂々と載せてる時点でブラック企業確定ですが(^_^;)
一応、飲食業界は大同小異かな?とも思います。

ニュースには、親御さんの話として、

女性の父親(63)は「過酷な労働条件で、会社に責任があると認められたのはよかった。同じ状態で働いている人を少しでも救ってほしい」と話した。



なんて載ってましたが、
事が起こるまでは「大きな会社に就職できてよかった」と思ってたんじゃないかな…
色々考えさせられたことでありました。
ニュースの感想 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ツーリング終了

小林からは霧島を越えるルートと、山麓を走るルートがありますが、
綾の細い道で神経使ったのか?なんだか疲れもあったので、
無難な山麓ルートにしました。

思ったより早くついて、改めて近さを実感。

これまで帰ってくるたびに星空の美しさに驚いていましたが、
宮崎のキャンプ場に比べたら…と思ったり、
キャンプ中は低温でお湯がなかなか沸かなかったので、
すぐお湯が沸くのに驚いたり(笑)

短いツーリングでしたが、
キャンプ場を二つも発掘できたし、
なかなか良かったのではないかと思います。

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

2012年2月宮崎ツーリング | コメント:0 | トラックバック:0 |

出の山湧水


名水百選。
着いたところは大きな池で、
名水という割には水が汚くないか…?と思ったものの、
奥に飲めるところもありました。

市民の上水道となっているようで、
人の手がかなり入っているところですが…
2012年2月宮崎ツーリング | コメント:0 | トラックバック:0 |

陰陽石


綾町を抜けて小林まできました。
綾は名水百選のひとつがあるということでしたが、
道路沿いにずっと深い谷が続くばかりで、
ポイントははっきり分からず。
道も細くてタイトでした(^_^;)

小林では陰陽石に。
その筋のものでは、日本一ではないかと(笑)
2012年2月宮崎ツーリング | コメント:0 | トラックバック:0 |

青島


植物が特別天然記念物指定を受けてるほか、
鎮座する神社はGがキャンプ初日に必勝祈願することでも有名。

植物は余りおもしろくないし、
絵馬を撮っても…ということで、
私的には余り価値のない社殿の写真。
2012年2月宮崎ツーリング | コメント:0 | トラックバック:0 |

今日帰還しようと思います

DSC03276t
DSC03276t posted by (C)ken

昨日はやっぱり天体観測(笑)
いつもオリオン座からなので、北斗七星から撮影してみました。
左にあるのが北極星。

DSC03277t
DSC03277t posted by (C)ken

さらに左にカシオペヤ座。今度は右に北極星。

DSC03278t
DSC03278t posted by (C)ken

北の方角は街があるせいか、
海しかない南と星の見え方が違う…
ということでやっぱりオリオン座も撮影しました(笑)
だいぶ慣れてきたのか…3枚とも一回で撮影できました。
一等星くらいの明るさがあれば、液晶にもかすかに写るので、
オリオン座の撮影は楽なんですけどね(^_^;)

それはそうと、ルートはいろいろ考えましたが、
今日帰還しようかな?と思います。
西都原の博物館と古墳はまた今度ということで。

今日はもう一回尾鈴の瀑布群をみて、
明日西都原、ということも考えたのですが、
尾鈴はもう今回は見ないと決めていたわけだし、
そうダラダラ日程を引き延ばすのも…ということで。

久しぶりにコンビニとか外食ばかりだったら唇も荒れたし(^_^;)
まぁ、宮崎だったらいつでも来られるでしょう。

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

2012年2月宮崎ツーリング | コメント:0 | トラックバック:0 |

飫肥はなかなか良かったです

DSC03120t
DSC03120t posted by (C)ken

飫肥城跡に咲いていた梅…ってこれ梅ですかね?(^_^;)
蜘蛛の巣が光ってるのを撮ろうかと、
わざわざ逆光で撮ったわけですが、
そのあと来た女の子三人組が、
「こっちから撮ったらよく撮れるんじゃない?」と、
私と同じ位置に移動したのが面白かったです(^_^;)

DSC03116t
DSC03116t posted by (C)ken

逆光じゃないのはこちら。
なぜか全部下向きに咲いている花で、
正面から光を受けている花がなかったのが残念。

DSC03233t
DSC03233t posted by (C)ken

飫肥の街はなかなか良かったです。
基本、オートHDRで撮っていたら、
写真の枚数と電池の消費が凄いことに(^_^;)

あと、駐車場がタダだったのがポイントが高い。
鹿児島で武家屋敷というと、
特攻基地でも有名な知覧というところがありますが、
駐車場が有料?って感じでいつもスルーしてしまうし。
今回は時間のこともあって、有料のところはスルーしましたが、
600円で全部の施設を周れる?という感じだったので、
日帰りも不可能でないし、再訪したいと思います。

DSC03273t
DSC03273t posted by (C)ken

駐車場にたたずむVFR…無料の記念に(笑)





その他の写真は上からどうぞ。
(飫肥以外の写真も含み、野球の写真は含みません)

涌井投手VS中島、中村選手の動画をアップしようと思いましたが、
重いし…写真の選別も終わったのでアップ中止して帰還します。
今日も天体観測かな…(笑)

そうそう、BUMP OF CHICKENが「Smile」の収益寄付のニュースがありました。
それ以来、走行中のBGMはBUMP OF CHICKEN。
そんなこと言わなくても、大抵バンプなんですけどね(^_^;)

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

2012年2月宮崎ツーリング | コメント:0 | トラックバック:0 |

西都原考古博物館は明日休館日(-_-;)

月曜日はその可能性を考えておくべきでした(-_-;)

行かないことも考えますが、
メインテーマの一つだったしな…どうしましょう。

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

2012年2月宮崎ツーリング | コメント:0 | トラックバック:0 |

ブロードウェイバーガー


PC使おうとマックに来ました。
期間限定のブロードウェイバーガー頼んで見ましたが、
いつものことながら商品写真より遥かに貧相。
正しく羊頭狗肉。
2012年2月宮崎ツーリング | コメント:0 | トラックバック:0 |

飫肥へと


紅白戦までで見学は終了し、
九州の小京都、飫肥へとやって来ました。

なにしろ、走らないと充電が出来ないし…
そんなに距離があるわけではないですが(^_^;)

写真は名物らしい。
一種のさつま揚げかと。
2012年2月宮崎ツーリング | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。