FC2ブログ

為楽当及時~再旅人kenのblog~

特定疾患と難病

昨日の南日本新聞で、
HAMと言う病気の特定疾患指定が
見送られたとの記事がありました。

二つの疾病が指定されたそうですが、
HAMは南九州に患者が多いようで、
(患者の会の本部も鹿児島にあるようです)
HAMが見送られた、と言うことが主題のようです。

あいにく私はHAMについてよく知らず、
また情報量も多くない様なので
(頼りのウィキペディアにも項目がない)
それについてのコメントは差し控えますが・・・

南日本新聞、
「難病指定見送り」と言う見出しなんですよね。
しかし「難病指定」ではなく、「特定疾患指定」のはず・・・

もちろん一般的に言うならば、特定疾患と言うより、
難病といったほうが理解されやすいのでしょうが、
逆に、特定疾患に指定されていない疾病は難病ではない、
と言うようなことになりかねないと思うのです。

私も潰瘍性大腸炎にかかるまで、
「特定疾患」と言う言葉については知らなかったので、
無理はないとも思う一方で、
世の中には多種多様な病気があり、
特定疾患だけが重篤な病気ではないと言うこと、
マスコミの社会的影響を考えれば、
やはり「特定疾患」と呼んで欲しいと思った事でした。
関連記事
スポンサーサイト




潰瘍性大腸炎、健康 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<携帯料金 | ホーム | バイト十七回目>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |