為楽当及時~再旅人kenのblog~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

菅野投手の交渉権はF

まさかこう言う展開になるとは…
今朝まで菅野投手の背番号まで考えていたのに(笑)
これからどうなるのかわかりませんが…
ファイターズは荒川事件って知らないんでしょうかね。
ファイターズもいい投手が多いので、
本人のためには入団したほうがいいとは思いますが、
(TやYBの指名だったらどうかと思うけど…)
なかなかそういうわけにもいかないのではないかと…

あと、Gの外れ1位は育たないとジンクスのある高卒左腕投手とか、
YBは即戦力必要なはずなのに、高校生ばっかり指名してるとか、
Dは高校生内野手が1位なので、落合監督が退任でよかったねとか、
色々ありますが…

基本、ドラフトってのは撤廃でいいのではないかと思います。
Jリーグでは、有望選手は練習環境とか、チームの雰囲気とか、
そういうのを比べて入団を決めているというのに、
本人の意思を考慮に入れず、くじ引きで決めるというのはどうなのかと。
いまどきの高校生だったら、チームの戦力とか、
自分の力量とか、考えて入る球団決めるでしょう。

戦力の均衡を目的としているドラフト制度ですが、
努力をしない球団はダメだというのは分かりきったこと。
努力をしたものが報われるというのは当たり前ですが、
努力をしない球団がいい選手を獲得できる(可能性がある)というのは…

とりあえず、菅野投手が入団拒否をした場合、
(会見ではその可能性も高いのでは?と感じられましたが)
本人のプロ生活の時間が失われるのはもちろんとして、
Fは枠一つのロス、東海大系列からの入団拒否も考えられるなど、
誰が得をするのか?って話です。
こうなった以上は本人は入団したほうがいいとは思いますが、
ドラフトなんかなければこう言うことにはならなかったのに、と思います。

しかし、いまさらながらパンチョ伊東さんの声が聞けなくて残念…
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

野球、スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<CRM80 | ホーム | ウナギ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。