為楽当及時~再旅人kenのblog~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

咆哮!島津十字

DSC09245_1024.jpg

本屋でマンガを眺めていたら、
なんと島津家久主人公のマンガを発見!(笑)

ウィキペディア、島津家久

いわゆる島津四兄弟の末弟で、
耳川の戦い(大友氏衰退の大きな要因)、
沖田畷の戦い(竜造寺氏衰退の大きな要因)、
戸次川の戦いなど、
戦国島津氏の中でも最大の武功を誇る武将。
一方で、秀吉の九州征伐の直後に急死しており、
これはあまりの戦上手をを恐れた秀吉側に毒殺されたとも言われています。

その本屋では、「ドリフターズ」という、
その家久の子の豊久を主人公にした漫画と並んでいて、
「おお!」と…(笑)
「ドリフターズ」はまぁ、
豊久と織田信長と那須与一が異世界で一緒に暴れる、というマンガなので、
(ドリフターズ=漂流物、その世界で、漂流してる人間の意、念のため)
ちょっと違うかもしれませんが、
島津氏が主人公のマンガが増えるというのはうれしいことです。

念のためついでに、島津「家久」は四兄弟の次兄、
義弘の子にもいて、よく混同されるとか?
こちらの家久は薩摩藩初代藩主で、
もとは忠恒といって、徳川家康の諱を受けて改名しています。

ところで、ウィキペディアの家久の項目には、
耳川の戦いについての記述がないし、
この漫画には有名な、四兄弟の祖父が、
それぞれの資質について評したということが出てこない。

「義久は三州の総大将たるの材徳自ら備わり、義弘は雄武英略を以て他に傑出し、歳久は始終の利害を察するの智計並びなく、家久は軍法戦術に妙を得たり」



という。これは、真偽が怪しいって話もあったかな?
しかし作者はあとがきで、「家久さん?どなたでしょうか?」
ってレベルから始まったと書いてるので、
知らなかった、もしくは資料になかったという可能性が大かな?(^_^;)

つくづく、戦国島津氏はなぜ大河ドラマ化されないんだ?と思うのですが、
他県の人から見ると、鹿児島の題材が多すぎるから、とか?
朝鮮出兵あたりの描写が微妙だとかいう話もあり。
しかし、戦国大名の強弱ランキングを考える際に、
多くの武将が集まったという点で、
朝鮮出兵や関が原は重要だと思うのですが、
それで考えると、オビにもあるように「戦国最強」は過言ではない(笑)
まぁ、その島津氏自身が大坂の陣での真田氏を、
「日本一の兵」と評していますけどね(^_^;)

あと、優れた原作に恵まれないこともあるかな?と。
以前、「島津奔る」ってわざわざハードカバーで買ったのですが、
司馬遼太郎の「関ヶ原」に、
島津氏関連の記述を加えただけ、との感があり…
まぁ、私が最後にまともに見た大河ドラマは風林火山ですが、
あのレベルでしか描写できないのなら、
ならなくていいかな?という気もします。

あと、現在私は(鹿児島市合併前の)旧吉田町に住んでいるのですが、
作中に歳久が吉田城に入る、って記述があり、
近くに、歳久関連の歴史案内板もあるのでうれしくもあり。
こう書くと、だらだらしてないでいろいろ史跡めぐりもしたくなりますね(笑)
関連記事
スポンサーサイト

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<新メガネ | ホーム | テンプレート変更>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。