為楽当及時~再旅人kenのblog~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

日本シリーズは3勝2敗に

日本シリーズは、昨日今日とHが勝って、Hの3勝2敗に。
昨日Dが勝ったら、TV中継がこっちではない今日に優勝決定の可能性があり、
負けたのにホッとしたし、一応Hを応援しているので、
今日勝ったのも良かったかな?と。
しかしまぁ考えてみると、Hを応援しているというより、
Dに負けてほしいと思ってるというか…(^_^;)
正力松太郎賞という日本プロ野球界最高の賞があって、
よほどの成績を残した選手がいない限り、
日本シリーズ制覇した監督が選ばれることが多い(ように思う)ので、
落合監督に取ってほしくないという(笑)

何か最初からアウェーでしか勝てないんだと思ってたんだよな。



という第5戦終了後のコメントがあったようですが、

浅尾、岩瀬を使った試合は(勝ちを)拾っていかないと…。



って第2戦終了後には言っていたのに、
第4戦目では、負けてる状況で浅尾投手を投げさせている。
昨日、Hは無死満塁の状況から森福投手が0で抑えたので、
今日、逆に無死満塁の状況で河原投手が登板しましたが、
(結果は、死球押出→2点タイムリーヒット打たれる)
昨日、浅尾投手を使ってなければ、
逆にここで使えたのかもしれないのに…
まぁ、結果論ですけどね(^_^;)

Hは戦力が違うと言われますけど、
ハイローミックスというとちょっと違いますが、
川崎、本多の(変換したら、カワサキ、ホンダって出た…
一応、バイクメインのブログですから…w)両選手は、
それぞれ4巡目、5巡目の指名だし、
森福投手が4巡目、摂津投手が5巡目。
今日勝った山田投手は育成出身。

一方で、和田、杉内投手、松田選手はじめ、
上位指名の選手もちゃんと活躍しているし、
移籍組もしっかり機能している。
もちろん、全員が全員活躍しているわけではなく、
山村、山田両投手など、期待されながら活躍できなかった例もありますが、
これは別にHだけに限った話ではない。

一方、Dは上位指名選手がおおいかな?と。
規定投球回や規定打席満たすぐらいの選手では、
井端選手の5位くらいでしょうか。
浅尾投手が3巡目ですが、分離ドラフトの時代だし、
ほとんど逆指名のようなものなので…(^_^;)
(もちろん、上位指名選手がちゃんと活躍するのは重要なこと)

というか、Dは史上最高打者の一人の監督が、
8年も続けてやってなぜチーム平均打率が12球団最低に終わるのか。
Dのここしばらくのドラフト指名選手を見てみたのですが、
結構上位で野手を指名しているんですよね。
ドラフトの制度が変わっているせいで、
ちょっと数えるのが面倒なんですけど(^_^;)
一応、今シーズンのセリーグのAクラスチームの指名選手を、
落合監督体制になった2002から2010のドラフトまで、
上位二人に絞ってカウントしてみました。
上位二人というのは、希望枠とか関係なく、
リストの上から二人で、分離ドラフトの場合は、
それぞれリストの上位を一人づつ。
すると、投手、捕手、内外野手の順番で、

D 10人、1人、7人
S 15人、0人、3人
G 13人、1人、4人

こう言う結果に…
つまりチーム打率が最低のDは、
ドラフト上位で野手を最も指名している球団(笑)
もちろん、チーム防御率は1位だったので、
少ない指名で、という逆の見方もできますけど…

ちなみにSの上位指名野手は、
田中、武内、山田哲人の各選手。
Gの上位指名野手は、
坂本、藤村、大田、長野、鬼屋敷の各選手。

ちなみにDの選手は、
「落合体制でドラフト指名した選手が規定打席に到達したことはない」ので、
改めて書きだしません。
Sは田中選手は言わずもがな、武内選手も一軍レベルだし、
山田選手は今年の高卒ルーキー。
しかしながら、CSでは先発出場もしている選手。

Gは坂本、藤村、長野選手は言わずもがな、
大田、鬼屋敷両選手もまだ若いし期待されている選手。

こう書くと、Dには明らかに問題がありますね。

長くなったので分割します…(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

野球、スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<セリーグのスタメン年齢 | ホーム | 中国語でも勉強しようかと>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。