為楽当及時~再旅人kenのblog~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

都道府県人口とスポーツ

鹿児島に球団ができれば…なんてこと下で書いてますが、
都道府県の人口を見てみれば、
鹿児島はちょうど真ん中の24番目で、
まぁ要するにありえないということですね(^_^;)

ちなみに上から9番目までの県は球団が存在していて、
10番目が静岡、11番が茨城で、12番目に広島らしい。
そのあとは、京都、新潟と来て、その下に宮城。
つまり15番目の宮城県は、
球団がありながらもっとも人口が少ない県となり、
これはちょっとビックリ、特に新潟より少ないというのはビックリ。

茨城って大きな街があった記憶がないけどな、と思ってみてみると、
一番人口が多い市は水戸市の約27万人で、
これはかなり少ないほう(市として82番目)
まぁ、中くらいの都市が点在しているということでしょうか。
と考えると、水戸の手前から千葉に向かう時は延々渋滞していたような。

一方、上に出た市で言うと、仙台が11位、新潟が15位、
何と浜松市が16位で静岡市は19位。
ついでに熊本市が17位で、鹿児島市は22位です。
ということは、宮城県に球団があることは不思議でも、
仙台市に球団があることは不思議ではないということですね。
ちなみに広島市は10位だそうですが、
広島県は広島市以外にも大きな街がある印象なのに、
これはちょっと不思議…北部が山がちで人口が少ないからでしょうか。

静岡や新潟は一般道が高架部分が多く、
大きな街だというイメージがあったのですが、
浜松ってあまり印象ないな、と…(^_^;)

まぁなんだかんだ言って、
市として(つまり東京を除く)一番大きなのは横浜、
都道府県でも神奈川は東京に次いで2位なので、
ベイスターズが横浜を離れないというのは、
商圏だけで考えれば当たり前のことなのですが、
静岡や新潟が挙がるのも、それもまっとうなことなのだな、と。

地理的要因、つまり他球団とできるだけ離れることを考えると、
鹿児島は当然一つの選択肢なのですが…
昔、愛しのバットマンという漫画もあったし(笑)

熊本と鹿児島で一球団なら、
新幹線もできたし…と思いつつも、
この二つは仲悪いから駄目ですね(-_-;)(笑)
まぁプロ野球球団ができるなんて夢のまた夢、
Jリーグチームのほうが可能性は高いと思うし、
一応、ヴォルカ鹿児島(2014年J2入りを目指しているらしい)、
FC鹿児島(2017年のJリーグ昇格を目指しているらしい)、
とありますが、どっちもあまり盛り上がってないような(^_^;)

ヴォルカ鹿児島の選手はおはら祭にも参加していたのですが、
ただ歩いているだけで、非常に残念に思いました。
試合日程の告知とか、チームスローガンや目標を掲げれば、
もっと興味を出てくる人も出てくるのではないかと思うと、ですね。

どっちかがホントにJ2にでも昇格したら応援しようかな…
JFLに昇格したら、かな…


関連記事
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2007-2010の訪問国宝建築 | ホーム | セリーグのスタメン年齢>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。