為楽当及時~再旅人kenのblog~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

杉内投手にG18はありえない

ホールトン投手のG移籍が決まったようです。
契約条件など詳しいことは分かりませんが、
決まった以上は頑張ってほしい。

Hではリリーフ陣が強力だとか、援護が多いとか言われてますが、
だからと言って19勝はなかなかできる数字ではないし、
26試合で19勝6敗=勝敗つかなかったのが1試合だけ、
というのはなかなか得難い成績ではないかと思います。

それはそうと、FAの杉内投手…
交渉の一環でGが18を提示したそうです。
前も書きましたが、移籍してきた選手に18はありえないです。
Gの18というのは過去7人しかつけたことないらしい。

021.jpg
(2005/8/16 旭川スタルヒン球場前のスタルヒン像)

1935     スタルヒン

1936-1938 前川八郎

1939-1942、1946-1957 中尾碩志
(沢村賞、最優秀防御率、最多勝、ベストナイン、すべて1948、
 通算209勝127敗 防御率2.48 通算16年、G一筋)

1946     近藤貞雄

1958-1966 藤田元司
(21で新人王1957、MVP1958、1959、最多勝1959、
 通算119勝88敗 防御率2.20 通算8年、G一筋)

1967-1983 堀内恒夫
(21で新人王、最優秀防御率、沢村賞1966、沢村賞、最多勝1972、
 通算203勝139敗 防御率3.27 通算18年、G一筋)

1986-2006 桑田真澄
(沢村賞1987、MVP1994、最優秀防御率1987、2002、
 通算173勝141敗 防御率3.55 通算20年、MLBで1年)

タイトルの獲得数では、
別所毅彦、斎藤雅樹の11に劣るかもしれないですが、
特に2リーグ後はGでプロになり、引退した選手がほとんど。
二人も監督になっているなど、
永久欠番以外ではGを象徴する番号でしょう…
杉内投手はいい投手であり、鹿児島実業出身でもあり、
村田選手もホールトン投手も別にいらない中、
杉内投手が入団してくれれば、とは思っていましたが、
背番号が18なら話は別です。

新しいGMは何を考えているのか…
原監督も、恩師の藤田監督の現役時代の番号なのに…
藤田、堀内両監督が21で新人王を受賞し、
翌年に18を着けたことを考えると、沢村投手が着けるのがふさわしい。
(14を…あげてもいいような気もしますが…
 それくらいの期待はできる投手だと思います)

杉内投手に仮に入団しても辞退しろor、
Gに考え直せってホントに言いたい…
原監督は、以前に背番号の大シャッフルをして、
そういうのを大切にしてるし、ちゃんとわかってると思うのですが…
清武GMなら提示しなかったでしょう…残念です。
関連記事
スポンサーサイト

野球、スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<出発! | ホーム | 寒さ対策(リストウォーマー)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。