為楽当及時~再旅人kenのblog~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

元岡G6号墳出土庚寅銘象嵌太刀(模型)

DSC00097t.jpg

福岡市埋蔵文化財センターの鉄剣レプリカ。
570年とみられる干支の「庚寅」、「正月六日」などと文字があり、
国宝級の大発見と言われています。
古墳時代の銘文を持つ刀剣はこれまで全国7例で、
そのうち紀年銘を持つ刀剣は4例しかないとのこと。

その7例、4例は?と興味を持ったのですが、
ウィキペディアにそのものずばりの項目がありました(^_^;)
鉄剣・鉄刀銘文(ウィキペディア)

7例というのは、
稲荷台1号墳出土「王賜銘」鉄剣
稲荷山古墳出土の鉄剣
江田船山古墳出土の鉄刀
岡田山1号墳出土の鉄刀
箕谷2号墳出土の鉄刀
中国から伝来の中平刀
百済からの七支刀
(名前はウィキの項目をそのまま拝借)
この7例らしい。

紀年銘を持つ刀剣は4例は、
稲荷山古墳出土の鉄剣銘(国宝、115字)
箕谷2号墳出土の鉄刀(重文、6字?)
中国から伝来の中平刀(重文、24字?)
百済からの七支刀(国宝、61字)
ということになるのかな?と…

今回の鉄剣は19字ということですが、
年に月日まで記してあるということが重要ということかな?と…
実物だったら、国宝に…と思いますが、
レプリカだからな…(^_^;)
しかし、古墳とか発掘されてないところもかなり多いようで、
御陵参考地とか発掘したらどんなものが出てくるのかと、
ホントに思いますね(笑)
関連記事
スポンサーサイト

2011年12月 九州一周ツーリング | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<香椎宮 | ホーム | 板付遺跡&金隈遺跡>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。