為楽当及時~再旅人kenのblog~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

黎明館侮りがたし?

今は二階の展示を見ていますが、
島津77万石の底力というか、
かなりいいものがあるような気がします…

焼物、鞍や鐙、印籠など…
私の記憶が万全ではないのは当然のことですが、
これ以上のものをどこかで見たことあるか?と考えても、
なかなか出てこない位の良いものです。

立派な時計や薩摩切り子などもあり、
まぁこれらは近代のものですが、
百万単位で値がつくような…

白眉は古白玉双耳壺かな…
中国の大姐が、自分の首から下げてるものを見せて、
「これ何て言うの…高いよ…たま?」って言うのに、
「ぎょくってこと?」と聞き返したら、
照れ臭そうに笑ったことが思い出されます(笑)

しかし、玉(たま、でも間違いではない?)は一般に翡翠を指すそうですが、
大姐のそれは暗褐色をしていたような…
結婚の記念に旦那と二人分作ったと言っていたので、
高価なのはおそらく間違いないと思うのですが…
真相はちょっと不明です(^_^;)

話がずれましたが…
…写真撮影不可がホントに残念。
一眼レフを手持ち無沙汰に歩いている女性もいましたが(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<太刀 銘 国宗 | ホーム | 黎明館>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。