為楽当及時~再旅人kenのblog~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

稲葉崎供養塔群(写真追加)


先程からさほどかからずに来られるのですが、
こちらは、鹿児島にこんなところが!と思わせるところでした。
(共感できる人は少ないかと思われますがw)

鹿児島の仏教文化もなかなか興味深い。
これなら国宝建築がなくても許せるかも?です(^_^;)

DSC01215
DSC01215 posted by (C)ken

ここもグーグルマップで検索してもヒットしなかったので、
先ほどの田尾原に比べればわかりやすいんですが、書いておきます。
田尾原から国道に戻って、そのまま伊佐方面に走ると、
左手にこのような恐竜のオブジェがあり、
その反対側の筋を入るだけ、です。

ちなみに「黄金塔」とは、南北朝の戦乱の前後に、
京都の高僧たちがこの地に逃れて寺院を建立した。
その改修費として黄金一千両を埋めた、という伝承から、
そう呼ばれるようになったとのことでした。
恐竜の由来は不明(^_^;)

DSC01216
DSC01216 posted by (C)ken

入っていく筋。ちゃんと標識はあるんですが、
左手の恐竜に気を取られていると見逃すかな?と…
私がそうだったので(^_^;)

DSC01217
DSC01217 posted by (C)ken

先ほどの田尾原は、ただ斜面を登っていくだけ、でしたが、
こちらはちゃんと歩道が整備されていました。

DSC01226
DSC01226 posted by (C)ken

登っていくと、小さな神社があってその裏が供養塔群です。
正面の様子。

DSC01228
DSC01228 posted by (C)ken

メインの板碑。

DSC01227
DSC01227 posted by (C)ken

右手の五輪塔群。
大変数が多く…板碑が61、五輪塔が265の合わせて326あり、
未発見の物を含めると500基以上あると推定されるとのことでした。

田尾原では五輪塔まで含めて、
梵字一文字一文字、写真に収めたのですが、
こちらはとても無理だと、板碑のモノだけにしました。
関連記事
スポンサーサイト

ツーリング | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<湧水町丸池湧水 | ホーム | 田尾原の供養塔群(写真追加)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。