FC2ブログ

為楽当及時~再旅人kenのblog~

天地人




2009年の大河ドラマですが、
直江兼続を主人公にした、「天地人」に決まったそうです。
直江兼続と言えば、上杉家の家臣。
今年武田やって来年は幕末薩摩関連ですが、
再来年、また戦国で上杉か、と・・・

まぁ直江兼続も有名な人なので・・・
格が不足してるとかはないと思いますが、
個人的にはやっぱり戦国島津家をやって欲しいなぁ、と・・・
直江兼続よりスケールがはるかに大きいと思うんですけどね。
まぁ、それはさておき・・・

直江兼続の墓と言うものは、
山形県は米沢市にあるのですが、
またまたこういう話、行った事があります。
冒頭の写真がそれですが・・・

今回それだけで話が終わらないのが、
その墓の前には、
「愛のまち米沢」
「直江兼続公をNHK大河ドラマに推進する会」
と言う幟があったこと。

訪問したのは2005年10月のことですが、
この運動が実現したのかぁ、と思うと、
ちょっと感慨深くもありますね(笑)

DSC01814.jpg


当該の幟・・・ちょっとサイズがおかしいですが、
実は米沢は前カノと一緒に観光しており、
写真の右側には前カノが写っていたからカットしたせい。

「愛」というのは、実際に直江兼続の兜の前立で、
トリビアにも取り上げられたことあったのかな?
愛染明王を表すとか何とか、
現代人の感覚とは少し違う感じもあります。

前カノは、
「この写真、推進運動をすごく支持してる人みたいだね」
と言っていましたが。

なんと言いますか・・・
「女はね、一度見限った男には、二度と濡れたりしないのよ」
と言うセリフがありましたが、本当にその通りだな、と。
(レディコミが出典なので、チト過激ですがf^^;)
ま・・・頭では分かっているんですが、
それで割り切れたら苦労はないってもので(^_^;)

しかしやっぱりまぁ・・・前カノのことを書くより、
出来れば新しい彼女とのことを書きたいものだと・・・(笑)
出来ても書くかどうかは分かりませんが・・・(^_^;)

妻を娶らば才長けて見目麗しく情けある

と申しますが・・・これって考えて見れば、
私がかなり以前に挙げた条件、
可愛い、スタイルがいい、頭がいい、優しい、ってこと、
きっちり含んでいるわけで、
やっぱ昔の人はいい事を言うなぁ、と(笑)
まぁ、私は妻を娶らば、と言うわけではなく、
それ以前の彼女にするなら、って所ですけど(笑)
そういう彼女が欲しいものですね(笑)

ついでに・・・

友を択ばば書を読みて六分の侠気四分の熱、とも、
友は第二の自分である、とも言うわけでして。

私が書を読み、六分の侠気四分の熱があるのかどうか?

人のこと、どうこう言う前に、
まずは自分を磨かなければ、と言うのが真実でしょうね。

話が最初と最後で全く変わってしまいましたが(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト




テレビ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<バイト48回目 | ホーム | ウィザードリィ外伝旅人の財産クリア!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |