FC2ブログ

為楽当及時~再旅人kenのblog~

VFR、途中経過

今日は派遣のお仕事だったのですが、
終わってから携帯を確認すると、
レッドバロンから着信がありました。
もう営業時間は終わってましたが、
とりあえず掛けなおしてみると、
普通に店員さんが出ました。
明日、定休日だから残業なのかな?
まぁ出てくれたことにはとりあえず感謝。

しかし、説明された内容は疑問が色々・・・
インジェクションの自己診断機能で調べたところ、
O2センサーの不具合と出たとのこと。
(あともう一ヶ所言われましたが、失念)
とりあえずそれを交換するのに、
部品代と工賃で3万円ほどかかるとのことでした。

まぁ、お金がかかるのはしょうがないとして、
個人的にはインジェクションの不具合が出たのは、
(警告ランプが点灯したのは)
引き上げて貰った日、
坂道利用して押し掛けをした日のみなので、
インジェクションの不具合ではないのではないか?
前回も書いたようにレギュレータ関連ではないのか?
と思ってるわけでして。

それ関係は?ときいてみると、
バッテリの電圧は12.7VでOK、とのこと、
あとはエンジンが掛からないから分からないとのこと・・・

「レッドバロンとして、
 そのO2センサーを交換しないと、
 それ以上の追究は出来無いという事ですね?」
と聞いて見ると、Yesとのことでした。

結構疑問に思わないでもなかったのですが・・・
部品交換ではなく、本部から代替品を取り寄せ、
とりあえずチェックするだけなら、安く済むとのことで、
まぁ安いと言っても1万円とのことでしたが・・・(-_-;)

そういう方向でお願いしておきました。

しかしですね・・・
帰ってきてからサービスマニュアルを読んだところ。

燃料装置(PGM-FI)、
自己診断機能による故障診断、
と言うページがありまして、
色々まぁあるわけですが、

推定故障箇所「O2センサ」関連・・・
症状は「通常作動と変わらず」とあるわけですよ(-_-;)

これって普通に読めば、
O2センサが悪くたって普通に走るということでしょう?
しかし現実問題として、私のVFRは走行できないわけで。

レッドバロン・・・
いいところも悪いところも色々でしたが、
さすがに決別の時が近づいてる様な気もします・・・

整備士の言うとおりだったらごめんなさいですけどね(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト




バイク・VFR | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<派遣の様子 | ホーム | バイト52回目>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |