FC2ブログ

為楽当及時~再旅人kenのblog~

アジアカップ日本敗退

もう昨日の話ですが、
サッカーアジアカップ、日本代表は、
準決勝にてサウジアラビアに2-3で敗退しました。

私は小中学校とサッカーをしていた割りに、
観戦するのは野球が好きだったりして、
サッカーはあまり熱を入れてみないのですが、
(冬の高校サッカーは例外)
今回は楽しみに見られていたと思います。

現日本代表監督のイビチャ・オシムが、
ジェフユナイテッド市原・千葉の監督をしていたとき、
「ジェフのサッカーは面白い」と、
コラム等で言われていた記憶がありますが、
それが日本代表になっても変わらないということなのかな?
先に書いたとおり、サッカー観戦はあまりしないので、
例えばJリーグの他チーム、
あるいはジーコ時代の代表と比較は出来ないのですが・・・

ところでそのサウジアラビア戦。
先制され追いつき、再度失点するも追いつき、
もう一回失点した時点で(得点経過は)終了。
サウジの2トップが強力だというのは聞いていましたが、
解説の山本昌邦が(BSで視聴していました)序盤に、
「サウジも日本からはそう点は取れないと思っている」
などと言っていた様に、
意外な結果だったのは事実かもしれません。
2トップの能力の高さは魅惑的ですらありました。

しかも日本の2得点はいずれもDFの物。
今回のアジアカップにおけるFWの活躍はさておき、
日本のFWの人材不足は今に始まったことではなく・・・
私はそれを「キャプテン翼」の影響だと思ってました(^_^;)

それはウィキペディア、キャプテン翼の記事にも、

主人公の大空翼がCFからMFに転向したことをはじめ、MFがゲームで最も重要なポジションと言う描かれ方だったため、Jリーグや日本代表においてはMF(特にトップ下やボランチ)にタレントが集まり、逆に(DFなど)他のポジションの層が薄くなるなど、現在のサッカーにおいて『中盤のタレントが飽和状態』という状況の原因を作り出したとも言われている。



と言う記述があるくらいですが・・・

現在の職場の同僚に、
息子さんがサッカーをやっていると言う方がいます。
今高校1年生なのですが、結構名門校に行っていて、
中学校でもトップ下をつとめていたのだとか。
しかし、実際小学生時代はFWをやっていたそうで。

今の高校生にキャプテン翼の影響は無いでしょうが、
(中田や中村の影響はともかく)
小中学校ぐらいで、FWをやると言うこと、
「オレがオレが」と言う、
FWに必要な資質をむき出しにすることは、
いじめの対象に成りやすいのだとか?

なるほど、と。
事実かどうかは分かりませんが、さもありなん、と。
世界に通用するFWを育成するためには、
案外そういった環境を変えていかないといけないのかも?(笑)
関連記事
スポンサーサイト




野球、スポーツ | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<「森の精」「水の精」 | ホーム | 11月までに>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ジェフユナイテッド市原・千葉ジェフユナイテッド市原・千葉(ジェフユナイテッドいちはら・ちば、JEF UNITED ICHIHARA CHIBA)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。略称「ジェフユナイテッド千葉」、または「ジェフ千葉」。2005年2月1日よ
2007-08-07 Tue 17:44 サッカーFC事典
| ホーム |