FC2ブログ

為楽当及時~再旅人kenのblog~

風林火山「真田の本懐」

今日はこれからツーリングの準備をするので少しだけ(笑)

砥石崩れあたりで出演がなかった小山田信有、
今日は普通に出演していましたね(笑)
一応、砥石崩れで傷を受け、
1552年に死去するはずなのですが、
血色も良さそうでしたし・・・(笑)
どう落とし前をつけるのか、少し楽しみですね。

メインプロットとしては、砥石城攻略でしたが、
相変わらず、何でもかんでも勘助のおかげ・・・
それに関することは以前書いたので書きませんが、
如何に勘助が主人公であったとしても、
やはり子供だましではないかと感じました。

あと、幸隆の妻子に対するセリフが臭くてイヤでした(笑)
子供の前で、そんな事言うなよな、と思ったり、
子供の前でもあり、同僚の前でもあり、
怒るなら怒るでけじめをつけ、
フォローはあとから密かに、と言う方が良かったのではないかな?と。
結果オーライではありましたが、
二人だけで敵の城に乗り込むなんて、
人質になる可能性も考えれば、
無謀としか言いようのない行動ですしね。

あとはまぁ・・・
小県(ちいさがた)辺りの地名が色々出てきて面白かったかな、と。
思い出したのは真田十勇士(笑)
猿飛佐助、霧隱才蔵、海野六郎、望月六郎、穴山小助、
三好清海入道、三好伊三入道、筧十蔵、由利鎌乃介・・・

と思いつくまま書いてみましたが、一人足りませんね(^_^;)
調べてみたら、根津甚八でした・・・
俳優の名前にもなってる、メジャーなものですね(^_^;)
この、真田十勇士をソラで言えるか?というのは、
自分の記憶力をチェックするために時々やってることですが・・・
なかなかすんなり十人出たことはありません(-_-;)

あと、最後の風林火山紀行は上野関係で、
箕輪城も紹介されていました。
しかし、このドラマが、
(勘助の死ぬ)第四次川中島の合戦で終わるとすると、
箕輪城落城は入らないんですけどねぇ・・・
ちょっとネタ切れ?と言う感じもします。
関連記事
スポンサーサイト




テレビ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<真田十勇士と風林火山 | ホーム | さよなら夏の日>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |