FC2ブログ

為楽当及時~再旅人kenのblog~

稲尾和久氏死去、正力松太郎賞

神様、仏様、稲尾様、シーズン42勝の稲尾和久氏が亡くなり、
正力松太郎賞がDの落合監督に決まったそうです。

稲尾和久氏は選手としては文章や記録映像でしか知りませんが、
奇しくもその正力松太郎賞の選考委員で(余談ですが沢村賞も)、
今日、受賞した落合監督とも、師弟関係があるようです。

まぁそれは良いとして・・・
正直、落合監督の受賞に違和感あるのは事実ですね。
シーズン2位だったこともありますし、
日本シリーズ最終戦での継投の問題もあります。

何より、正力松太郎賞が、一部例外はありますが、
日本シリーズ優勝チームの監督からほぼ選出されている、
と言うのも大問題ではないかな?と。

賞の定義は、ウィキペディアによれば、

プロ野球の発展に大きく貢献した人物(監督・選手)に贈られる。



だそうですが・・・
落合監督は、「大きく貢献」したんでしょうか?
例えば、昨年日本一になったファイターズのヒルマン監督は、
WBC優勝の王監督の影響もあって受賞していませんが、
プロ野球の発展、ここでは一般への認知度としますが、
今年の落合監督と昨年のヒルマン監督のそれとでは、
大きな開きがあるように感じます。

そういう風に考えるならば、今年は受賞者無しでも良かったと思うし、
強いてあげるとすれば、ダルビッシュ投手かな?
彼がプロ野球の発展、まぁ人気獲得ですが、
一番貢献したような気がしますね。
関連記事
スポンサーサイト




野球、スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ピースサイン | ホーム | Freeciv>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |