FC2ブログ

為楽当及時~再旅人kenのblog~

MVP考

少し遅れた話ですが、セリーグのMVPが小笠原道大選手に決まったそうです。
私はジャイアンツファンですので、
ジャイアンツから選ばれてうれしいことはうれしいのですが、
正直、違和感があるのも確か。
そこまで活躍したかなぁ?と・・・(^_^;)

正直、小笠原選手の顔が見えないシーズンだったと思います。
ファイターズ自体の小笠原選手は、
ゲームそのものをほぼ見てないので詳しく知りませんが、
2006年(パリーグMVP)を見てみると、

_打率でチーム1位(.313 リーグ4位 チーム2位は稲葉篤紀.307)
本塁打でチーム1位(32本 リーグ1位 チーム2位はセギノール、稲葉の26本)
_打点でチーム1位(100  リーグ1位 チーム2位はセギノールの77)

チーム内では圧倒的なのはもちろん、
リーグでも2冠を達成してますから、
文字通りの「主砲」だったのでしょう。
しかし一方、今年はと言うと、

_打率でチーム2位(.313 リーグ4位 チーム1位は谷佳知.318)
本塁打でチーム3位(31本 リーグ6位 チーム1位は高橋由伸の35本)
_打点でチーム2位(88点 リーグ9位 チーム1位は阿部慎之助の101)

と、正直「主砲」とまでは言いかねますね。
最も、今年のジャイアンツの打線そのものが、
あんまりすっきりとしない打線でしたけどね。
一言で言えば、核がいなかった、と言うことでしょうかね。

まぁ正力松太郎賞がほぼ日本シリーズ優勝チームから選ばれるのと同様、
あるいはそれ以上にシーズンMVPも優勝チームから選ばれるので・・・
消去法でこの結果、ぐらいの選考だと思います。

個人的には、スワローズのラミレス選手が、
最も価値のある選手、だったと思うんですけどね。

ま、また来年に期待、って所ですね。
有無を言わさない成績で、MVP取ってほしいものです。
関連記事
スポンサーサイト




野球、スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<いい夫婦の日 | ホーム | 反町監督と小宮山投手>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |