為楽当及時~再旅人kenのblog~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

名前とウィキペディア

押尾学が息子の名前を「りあむ」だと明かしたらしい。
押尾学なんてほとんど知らないし、
興味も無いのでどうでもいいのですが、
先日ウィキペディア(暇つぶし、の方ですが)にて、
「DQN」と言う項目を本当に暇つぶしで見ていたら、
派生用法の「DQNネーム」と言うところにて、

最近の(特に2000年以降の)子供の名前に見られる、「暴走族のような当て字(愛羅=あいら、など)」や「アニメのキャラクターからとった当て字の名前(光宙=ぴかちゅう、など)」のような、1回ではなかなか読めないような名前。一般的に使われる言葉の「珍名」とほぼ同義。ここでいうDQN同士の夫婦の間に生まれた子供に多いことから。原則としてこの名前で一生を過ごすことを考えずに、小さい子供のときのままのイメージで名前を付けている夫婦が多いと考えられる。一説にはベネッセコーポレーション発行の育児雑誌「たまごクラブ」「ひよこクラブ」およびその増刊号の「名づけ特集」の影響もあるといわれる。また、評論家の呉智英はこれらの名前を「暴走万葉仮名」と定義づけている。ただし、普通の名前でも使い方を誤ればDQNネームとなる。芸能人の子供には特に多い。



という一節があり(太字は筆者によります)、
ひらがななので、「なかなか読めない」と言う定義からは外れますが、
日本語として異質な名前であることは間違いなく、
「DQNネームか!」と思われておかしかったですね(笑)

「りあむって何?モラトリアムのリアム?
 一生脛かじられるって覚悟か?」と思ったのですが(^_^;)
イギリスの「オアシス」というロックバンドに、
リアム・ギャラガーという人がいるそうで、
その影響が考えられるとか何とか。

ところで、私の「KEN」と言う名は、
当然?本名から来ているのですが、
先日、やはり暇つぶしウィキペディアを見ていたら、
ルーン文字の、占いという項目で、
占いに使うルーン文字の一つ、
Kに似た文字をそのまま「ケン」と読み、
その文字は「情熱・勇気・活力・開始・愛」と、
ポジティブなモノを示すと知り、
もともと自分の名前は嫌いではないですけど、
うれしかったことは間違いないですね。

ま、ウィキペディアの記事にも同姓同名(漢字も同じ)の方が、
複数いるので、よくある名前と言えばそうなんですけどね。
つまり、ウィキペディアに載るくらい、
一定の活動等をした人間が複数いると言うことで・・・

私に子供が産まれ、名前を付ける機会があるのか・・・
自分でも疑問に思わない事は無いですが(^_^;)
もしあるとしたら、
しっかりした名前をつけてやりたいものだと思います。
関連記事
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<キャッチボール | ホーム | もち3個>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。