為楽当及時~再旅人kenのblog~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

四大浮世絵師展

鹿児島市立美術館にて、27日まで開催中の
「四大浮世絵師展」を観覧してきました。

四大とはすなわち、
東洲斎写楽、喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川広重。

浮世絵だから当然かもしれませんが、
富嶽三十六景、東海道五十三次をはじめとし、
私でも知ってるような有名なものも多く、
それなりに見ごたえはあったのですが・・・

閉展一日前の土曜日とあってか人出も多く、
展示物間の間隔も狭くて、
ゆっくり見られないのが残念ではありました。

どこかな?と考えつつ、すぐに思い出せなかったのは、
過ぎ去った日々を実感させたのですが・・・
青森の棟方志功記念館が、展示物を少なめにして、
一つ一つをじっくり観覧できるようにしてあったのとは対照的かと。

もちろん、常設展と特別展の違いと言えば、
それはそうなんですけどね。
関連記事
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大学教育 | ホーム | いい顔?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。