為楽当及時~再旅人kenのblog~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

うなぎ(うなぎのたけひさ、うなぎの末よし)

先日、ツーリングに行った際に昼食時にうなぎ屋を発見、
そこで食べることにしました。
ツーリング中の出来事なので、
その記事で書けばいいのでしょうが、
うなぎについて書くと記事が長くなるので(^_^;)分割。

入ったのは、市比野温泉のはずれにある「うなぎのたけひさ」というお店。

DVC00028.jpg

そのメニュー。

私が普段うなぎを食べると言ったら、
鹿児島市の繁華街、天文館にある「うなぎの末よし」というお店。
そこを基準に考えてしまうのですが、
そういう意味でまず思ったのは、
丼と重の値段の違い・・・

まぁうなぎ屋での値段の違いというのは、
「酒のほそ道」という漫画で描いてあったような気もしますが、
うなぎの数だけの問題なのですが、
見ての通り、丼の松と、重の松の値段が違う・・・
基本、丼しか食べない私にとって、こういうのはちょっとイヤだったり(笑)
その点、末よしは丼も重も値段が同じなのがいいところですね。

あと気になったのは「う刺し」・・・
うなぎやアナゴには血に毒があって、
基本、生食はできないはずなのですが、
まぁメニューにあるということは何らかの処理をしているのでしょう。

話は変わりますが、生肉の食中毒が問題になって、
焼肉屋でレバ刺しやユッケが食べられなくなっていますが、
同じく生食用ではない、鳥刺しは普通に出回っている・・・
私も普通に食べますし(どっちかというとよく食べるほうかな?)、
別にいいんですけど、不思議ではあります。

あと、うざくとう巻き・・・
末よしに行くときは、基本バイクで行くのですが、
時々、公共交通機関でいって、お酒を飲むときがあります。
末よしは丼と重と肝串以外のうなぎ料理は白焼きしかないので、
(うなぎの骨スナックとかはさておき・・・)
そこがちょっとさみしいところで、
う刺し、う巻き、うざく、どれも心惹かれましたが、
そこまでおなかすいてるわけでもなかったので、
うな丼と、肝串だけにしました。

ノンアルコールビールを、
つきだしの骨スナックを肴に飲んでいると、
(このスナックも、うなぎという感じはしないけどおいしかったです)
まずは肝串が出てきました。
さっきも書いたように、私にとってうなぎは末よしが基準・・・
その末よしの肝串に比べると、生っぽい感じで仕上げてあるなぁ、と。
別に悪い意味じゃなくて、考えてみると末よしの肝串は、
昔、彼女と一緒に行ったときに、
彼女は「焦げてる」っていって食べなかったので、
(潔癖症っぽいところがあったのはさておき・・・)
まぁこれはこれでありなのだと思います。

で、うな丼ですが、肝吸い付で、うなぎは三切れ(松)。
ご飯の上に2切れとご飯の下に1切れで・・・
別にまずいってことはなかったと思いますが、
私はやっぱり、外がカリッとしていて、
中は柔らかい、末よしのうなぎのほうが好きかなぁ、と。

ところで、このご飯の中にうなぎって「まむし」って手法らしいですが、
末よしの松の丼はご飯の上に2切れ、中に2切れです。
しかし、私はご飯の間のうなぎってのが好きではないので、
(先に書いた、外がカリッ、という部分がなくなる気がするので)
行ったときはいつも「うなぎを全部ご飯の上に」ってお願いします。

以前行ったときに、肝串とともに同じようにお願いしたら、
「肝串をご飯の上ですか?」と聞かれて、
「違う、うなぎを・・・」っていうと、
「最初からうなぎはご飯の上に乗ってますけど」とか言われ、
「松の丼は・・・」と一から説明しないといけなかったことがあります(^_^;)
(新人に、商品知識教育をしてないってことですね)

別の機会に、別の女の子ですが、
提供されるときに、丼をまずおかれて、
そのあとに吸い物と、漬物をそれぞれ手に持って一緒におかれたのですが、
それっておかしいんじゃないかなぁ・・・と。
まぁ個人的に末よしは他のお店では替えのきかない存在なので、
どうでもいいことといえばそうなんですが、
(値上げしてたけど、しょうがないって思ったし・・・)
私も飲食業が長かったので、職業病みたいなものです(^_^;)

ところで、その末よしは「うなぎ百選」の一つ。
全制覇ってのは費用面で難しそうですが(^_^;)
せっかく旅をするからには、
一つでも多くのお店に行きたいですね。
関連記事
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今日の中継・・・ | ホーム | ジャイアンツ、逆転負け>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。