FC2ブログ

為楽当及時~再旅人kenのblog~

千葉ロッテマリーンズ鹿児島キャンプ



千葉ロッテマリーンズ、
鹿児島キャンプの見学に行ってきました。
上の写真は県立鴨池球場。
そんなに立派な球場ではありませんが、
とりあえず立地はいいかもしれません。
陸上競技場なども敷地内に併設しており、
二輪や自転車用の駐輪場はちゃんと設けられていました。




マリーンズカラーのバス。
「大宮」ナンバーだったので、
あれ?と思ったのですが、
あとから調べてみると2軍の本拠地が埼玉にあるようで、
2軍用のバスなのかもしれません。




さて、今日は日曜日と言うこともあり、
着いたのは2時ごろだったのですが、
内野席には結構な人出でした。
そうして期待通り、紅白戦をやっていました。

着いたときは薮田投手が投げており、
あとから出てくる選手も結構知らない人が多かったのですが、
1,2軍合同の紅白戦だったようで、
ルーキーの選手もかなり出場していたようです。
(韓国のチームの選手も出場していました)
個人的に、そして観客のほとんども、
地元出身の青野選手を楽しみにしていたと思うのですが、
私が見出してからは出番ありませんでした。
(新聞の報道によると、出場していたようです)

ゲームはしっかり流れていたわけではなく、
バレンタイン監督がホームベース後ろに陣取り、
アウトカウントやランナーの状況を
指示しながらの物でした。





背番号8、今江選手。




背番号7、西岡改めTUYOSHI選手。




鹿児島ゆかりの、という事で、
背番号70、定岡選手。




盗塁のスタートを切るTUYOSHI選手。
このときはセーフでした。




ホームベース後ろに陣取るバレンタイン監督。




投げていたピッチャーは完全に覚えていませんが、
背番号99、田中良平投手は背番号で、
写真の背番号53、相原勝幸投手は、
アンダースローと言うその投法で覚えています。
可哀想なことに、少年野球チームの選手から、
「おっ、渡辺じゃん!」と言われていました・・・(笑)




知らない選手が多いということで、
頼りになるのはやっぱり「暇つぶしwikipedia」(笑)
テーブルを使っている年度別成績などは見難いのですが、
選手のエピソードまで載っているので、
下手な選手名鑑などよりずっと頼りになります。

と言うわけで、新しく登板する投手は、
調べながら観戦していたのですが、
写真は背番号69、江口亮輔投手。

大学生社会人ドラフトにて、
5巡目指名を受けたルーキーなのですが、
wikipediaによると、

特筆すべきは走者を釘づけにする鬼のような牽制のテクニック。

なんだそうです。
と言うわけで、写真はそのけん制するところなのですが、
3回牽制して、いずれもボークを取られていました・・・
(紅白戦なので、ランナーは一塁に残ったまま)




その牽制のテクニックは監督も注目なのでしょう。
わざわざ一塁コーチャーズボックスまで移動して、
そこからデジカメで写真撮影するバレンタイン監督。




江口亮輔投手はボークを取られ続けてリズムを崩したのか、
ヒットを何本か打たれ、
2,3塁から2点タイムリーまで打たれてしまいました。
8回裏終了時だったか、
4時になったからかゲームセットだったのですが、
写真は(おそらく)ボークについて話し合う、
審判団とロッテ首脳陣、中央に江口亮輔投手。




ゲームが終わったら練習も無かったようなので、
球場の外に出ると、人がたくさん並んでいました。
何事かとしばらく待っていると、
どうやらサイン会だった様子。
写真は清水直行投手。




里崎智也捕手。
近くにいた知らない人が、
「お疲れモードだね」と言うくらい無愛想・・・
そういう顔なのかもしれませんけど、
もうちょっと笑顔だと
ファンも増えるだろうに、と思ったことでした。




少し離れたところに、成瀬善久投手。




サイン待ちで並ぶ人々。
確かにこれだけ多ければ
うんざりもするかもしれませんけどね(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:千葉ロッテマリーンズ - ジャンル:スポーツ

野球、スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<5000hit! | ホーム | 焼肉>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |